善玉菌と悪玉菌について


乳酸菌は善玉菌の一種となっています。
腸内に生息する細菌は、大きく善玉菌と悪玉菌に分けられ、健康維持のためには、善玉菌を増加させることが大切です。
ここで、善玉菌と悪玉菌とはどういうものであるのか簡単に紹介しておきましょう。
人間の健康のために有効なものをまとめて善玉菌、その逆の働きを持つ菌を悪玉菌と呼んでいます。
善玉菌の代表的なものには、乳酸菌、ビフィズス菌、ブルガリア菌などがあります。
これらの菌は腸内環境を正常化し、アンチエイジングの作用を持ちます。
また、腸内を酸性にすることで、有害な菌を撃退し、病気を防ぐとともに、消化活動のサポートをし、ビタミンなどを合成していきます。
これらの善玉菌と逆の働きをするのが悪玉菌です。
悪玉菌には、大腸菌、ブドウ球菌、ウェルシュ菌などがあり、これらは身体に有害な病原性の菌で、体内で増加し過ぎると感染症を起こしやすくなります。
悪玉菌は、タンパク質を利用して、有害物質を生成していきますが、これにより、腸内がアルカリ性になり、腸内環境が悪化します。
さらに、下痢や便秘も悪玉菌が原因で発症します。
腸内で悪玉菌が勢力を振るうと、腸内が腐敗し、健康を害する確率が高くなります。
腸内では、善玉菌と悪玉菌が存在し、勢力争いを繰り広げています。
腸内細菌の分布を、花畑に例えたものを腸内フローラと呼んでいますが、健康維持のためには善玉菌が圧倒的に多い腸内フローラを生成することが大切です。
そのような状態にするには、乳酸菌など善玉菌を豊富に含む食品を取るようにしてください。