業者が破綻した時の資金はどうなる

バイナリーオプションのリスクを考えると、もしバイナリーオプションの業者が破綻したら、自分が預けている資金はどうなるのだろう、と思われる方もいらっしゃるでしょう。せっかく預けているのに、業者が破綻したらその資金は帰ってこないかもしれないと思われるのです。
銀行のペイオフ解禁が以前、大きなニュースになったときがありました。銀行が万一破綻した時、全額の預金が保護されないのだから、バイナリーオプションの場合もそうなのでは、と思う方は良い判断をされていると思います

ところで、銀行の場合は万一破綻したとき、預金のうちの1,000万円とその利子だけが保護されることになっています。そして、外貨預金でしたら、銀行のような保護制度がありませんから、万一預金を預けている金融機関が破綻すると、最悪ゼロになる可能性もあるのです。
外貨預金がゼロになるぐらいですから、バイナリーオプションも投機性の高いものを扱っている業者が破綻すると、やっぱりゼロになってしまうと思われてしまいますが、実はそうではないのです。
信託保全という制度がバイナリーオプションではあるのです。この信託保全が万一業者が破綻しても、投資家の資金を守ってくれるのです。但し、これは日本国内のバイナリーオプション業者に限られます。
金融取引におけるリスクを低くするために作られたのが、この信託保全という制度です。投資家から資金を預かったバイナリーオプション業者は、それを信託銀行などの金融機関に預けるのです。バイナリーオプション業者は、自分で顧客の資金を直接管理していません。万一業者が破綻しても、信託銀行などに預けられている投資家の資金は無事なのです。
海外のバイナリーオプション業者では、取り扱い商品が多く、最近ではそれに惹かれて利用する投資家もいらっしゃいます。しかし、国内業者のような信託保全で、海外のバイナリーオプション業者は投資家の資金が守られるのか、確認はとても難しいでしょう。万一のリスクを考えると、国内のバイナリーオプション業者の方が有利になるでしょう。